当たり年でワイン好きになりました

自分の人生が変わったといっても過言ではありません

忘年会などの会社の集まりが苦痛で仕方ありませんでしたある出来事をきっかけにワインが好きになりました。自分の人生が変わったといっても過言ではありません

私たちはどんどん進んでしまい、あっという間に1本空けてしまったのです。
それほどおいしく、感動を覚えるものでした。
私たちはおいしいという単語しか知らないかのように、それだけを口にしながら飲み続けたました。
4人ですぐに1本空けてしまったのですが、それだけでは足りずに、追加で注文したものも当たり年のもので、1本目に飲んだワインと同じような感動すらするおいしさだったのです。
普段から飲み慣れている友人でも驚くような優秀な味で、これをきっかけにして私はすっかりワインの魅力に夢中になってしまいました。
それまでは嫌な思い出を呼び起こすからと飲むことから遠ざかっていましたが、当たり年のものに出会って以降、自分から進んで飲むようになったのです。
正直なところ初めての時の感動を超えるようなものに出会える機会はそうありませんが、いろいろな種類を飲み比べる楽しさを知ってしまいました。
段々と嫌な上司との思い出も消えかけていき、今では純粋に飲むことを楽しめるようになったのです。
高校時代の友人たちとの食事会の席では、毎回ワインを飲むことが恒例となり、私たちの行きつけの店は初めに当たり年の味に感動したあの店となりました。
今はすっかりソムリエとも仲が良くなり、いろいろな豆知識を教えてもらえる関係性となったのです。
飲みながら話すことで、普段はなかなか切り出せないような深い内容の話もすることができ、お酒から遠ざかってしまっていた時期がもったいなかったと思うようにさえなりました。
当たり年の味に出会うことができ、自分の人生が変わったといっても過言ではありません。

ワイン通販 : 使えるワイン通販ショップまとめ!おすすめのポイントを解説します