当たり年でワイン好きになりました

ある出来事をきっかけにワインが好きになりました。

忘年会などの会社の集まりが苦痛で仕方ありませんでしたある出来事をきっかけにワインが好きになりました。自分の人生が変わったといっても過言ではありません

私は心が消耗してしまい、言葉を発することもできませんでした。
この件があってから、お酒を飲む場そのものが怖くなってしまったせいで、私はすっかりお酒が苦手になってしまいました。
幸運にもその後の人事異動のおかげで、私は上司と離れることができたのですが、飲み会の間ずっと説教をされたことがトラウマとなり、それが消えることはなかったのです。
普段はお酒を飲むことはなかった私が、ある出来事をきっかけにワインが好きになりました。
それは高校時代の友人たちとの食事会の席で、友人が頼んだワインがとてもおいしかったことが大きな理由でした。
いつもなら飲むことを断るのですが、その食事会は1人の友人の昇進祝いのために開かれたもので、乾杯のためにもどうしても飲んでほしいと頼まれたのです。
かつてお酒を飲んでいた時はもっぱら焼酎や日本酒ばかりで、ほとんどワインを飲むことはなかったため、本当に乾杯だけにしようと思っていました。
しかし1口飲んでみたら、それまで飲んだことのあるものとは明らかに異なる味に驚いたのです。
元々あまり味が好きではなかったのですが、その時の飲んだものは口に含んだ瞬間にフルーティーな味わいが広がり、大げさではなく目が覚めるような感じがしました。
それを感じたのは私だけではなかったようで、友人たち全員が私と同じようにおいしいと驚いていたのです。
思わずソムリエを呼んでしまい、これはどのようなものなのかと質問したところ、当たり年にできたものだそうで、当たり年の中でも特に優秀なものだと教えてもらいました。